【1日目】ブログのドメインの決め方

あなたの《ブログ企画書が創れる!
ワーク講座を受講された方には特典として
初心者にわかりやすい動画講座!
『【無料】WordPressブログのはじめ方講座』も無料で受講できます。
▼▼▼▼▼▼▼

当ブログでは、WordPress+ドメイン+レンタルサーバーでのブログ運営を推奨しています。

しかし、無料ブログで作れるのに最初からドメイン取ってブログを作りましょうと伝えているのはなぜなのか?ということろを

ブログは独自ドメインで運営しよう!そのメリットとは?

をテーマにご紹介します。

独自ドメインではない無料ブログのデメリットとは?

ブログを始めたいと思った人がすぐに無料でブログを作れるのが、無料ブログの最大の魅力です。

しかし、無料のブログというのはほとんどがサービス名のドメインの後ろに自分が任意で付けたドメイン名となります。

例えばアメブロ(アメーバブログ)だと、amblo.jpがドメイン
そして、「XXXXX」があなたが任意で付けた名前がブログのURLになります。

https://ameblo.jp/XXXXX

この場合、ameblo.jpに全権限があります。

なので、

  • アメブロが強制的に削除することが可能
  • アクセスが増えてきて別のブログサービスを同じドメインで使うことは不可能

となります。

完全にアメブロに握られているブログとなります。

ずーっとアメブロでブログ続けるよー!って人は、問題ないと思います。

自分が思うようにカスタマイズすることはできないので、どこかで不満がでてきます。

ましてや自分が頑張って更新して育てたブログをアメブロさんの一声で消滅させられます。しかも、一瞬で。。。

そんなことにならないためにも最初から独自ドメインを取得して、レンタルサーバー借りてブログはした方がいいです。

ブログの独自ドメインとは?

ブログの独自ドメインとは、自分だけのインターネット上の住所でブログを運営することです。

自分で決めた世界に一つだけのドメイン名を取得してレンタルサーバーでブログを運営することです。

当ブログで言えば「ec-create.jp」がドメイン名になっています。

そこに「エックスサーバー」というレンタルサーバーを借りて、WordPressブログをインストールしてブログを運営しています。

余談ですが、当ブログは「ブログ名」と違う「ドメイン」かというと、昔の個人事業⇒法人と使ってきたドメインで愛着(本音は少しでもドメインパワーが強いかなと)があるからですw

ブログとして更新はほとんどしてないのですが(あなたは更新してください。真似しちゃダメですw)、それでも2008年8月1日という遠い昔からのドメイン運営歴のおかげ(これがすべてではないですよ)でドメインパワーが強い(影響があるのは少し。コンテンツが大事です)ようでどんなにタイトルを変えようと内容を変えようと生き延びていますw

ひとりWeb講座のために新しくドメインを取得したのですが、結局ここがメインになっています。

このように長い運営歴も実績として評価されるのが独自ドメインでのブログ運営の強みになります。

ドメインの種類

ドメインの種類というのは、「ec-create.jp」でいえば「.jp」の部分にあたります。

主要なドメイン種類で言えば

  • .com
  • .net
  • .jp
  • .info
  • .co.jp(法人だけが1つだけ取得できる)

です。

今は、変わったドメインもたくさんあるので気になるドメインがあったら検討してみるのもいいですが、僕は上記で紹介したドメインの中から取得されるのをオススメします。

どの種類のドメインが強いというのはない

昔は、一部のドメインでは日本では検索結果で上位に表示しづらい。なんて情報もありましたが、今はどのドメインだろうとペナルティがあったり、強いということはありません。

種類は気にせず、ドメインを取得しましょう。

日本で人気のドメインの種類は

日本でブログを運営するのであれば、当ブログと同じ「.jp」はオススメです。

「.jp」ということで、日本というのがすぐに連想されますし、海外から見れば日本ブランドということで安心感や信頼度を演出することができます。

また、名刺に「.jp」でのサイトURLやメールアドレスが記載されていたら安心感がありますね。

「.jp」の他では「.com」「.net」が人気があるドメインです。

独自ドメインのメリット

上記を読んだことで独自ドメインのメリットは少しわかっていただけたかと思います。

その他のメリットについて少し補足します。

簡単にレンタルサーバーの引っ越しができる

独自ドメインを持っていることでレンタルサーバーを簡単?(場合によっては面倒なときもありますw)に引っ越しすることができます。

もし、今使っているレンタルサーバーでブログを運営していて

  • 表示が遅い
  • 管理画面が重い
  • レンタルサーバーの対応に不満がある

などが出てきた場合に、他のレンタルサーバーへと引っ越しすることができます。

SEOで少し有利になることも

SEOの話をすると検索結果で上位表示を狙う場合は、絶対的に「コンテンツ次第」という前置きをした上で、ドメインが強くなってくると上位表示されやすくなります。

ドメインが強くなるというのは、

  • 更新したらすぐに検索結果に表示される(インデックスされる)
  • あるテーマ(キーワード)であれば上位に表示される

などです。

ユーザーから覚えてもらえる

わかりやすく覚えやすいドメイン名をつけることで、ユーザー(お客さん)からひと目で◉◉のブログだ!と認知してもらえます。

ブランディングを考えているのであれば「覚えてもらう」というのは、今後の利益につながるのでぜひともわかりやすいドメインをつけましょう。

ドメインの決め方

肝心のドメインの決め方なのですが、ビジネスブログ、アフィリエイトブログ、個人ブログなどによって若干変わってくると思いますので、記事を読んであなたにあったドメイン名を決めてください。

ブログ名と同じにする

ブログ名を先に考えてから、そのままブログ名をドメイン名にする方法です。

一番見ていてしっくりとくるドメイン名の決め方ですね。

Google:https://www.google.co.jp/

Amazon:https://www.amazon.co.jp/

商品やサービスの名前にする

メインの商品やサービス名をドメインにして運営する方法です。

これは「商品・サービスの専門ブログ」として、その商品・サービスを掘り下げていくブログにすることで関連するキーワードで上位表示を狙っていく場合に有利になりえます。

例えば)
  • 飲んだら代行:nondaradaikou
  • インスタ映えるカフェ:instabaerucafe
  • 育乳ブラ:ikunyubura

ただ、商標には気をつけてください。日本はもちろん、海外の商標は動きが早いです。
ドメインを取得して少ししたら(運営していなくても取得しただけで)、ドメイン訴訟(すべて英語でやりとり)を起こされます。

なぜ詳しいかと言うと、はい、ご想像のとおり一度ドメイン訴訟が届きました。。。

すべて自分で対応して、ドメインが強制返還されて終わりました。

訴訟起こされた場合は、ドメイン取得したサービス会社は何もしてくれませんのであしからずw

お悩みキーワードにする

これはアフィリエイトブログの考え方でありますが、ビジネスブログでも使えると思います。

ほとんどの商品・サービスは、「《ある悩み》を解決するモノ」になっています。

なので、その悩みキーワードをドメイン名にするんです。

例えば)
  • 二の腕細く:ninoudehosoku
  • 家事解放:kajikaihou
  • 脇汗匂い:wakiasenioi

みたいな感じです。

このあたりのブログ運営となると、ドメインをいくつも取得して運営する手法になってきます。

商圏が限られているなら地域名を入れる

地域限定で商売をしている場合は、地域名を入れると検索されやすくなります。

「地域名」+「サービス名(商品名)」.com / .net / .jp

例えば、大きなお金が動くビジネスであり広告費が高騰している業種であれば、ドメイン戦略を考えて複数ブログ運営をすれば高いリターンが見込めます。

  • 不動産
  • 建築会社やリフォーム会社
  • 自動車の買い取り

場所がそこでしかできない業種

  • 士業
  • ホテル
  • 飲食店
  • 美容室
  • 各種病院
  • 介護福祉サービス
  • お助けサービス

他にも多くの業種がありますが、一旦これだけにします。

例えば)
  • 長崎の投資物件:nagasaki-tousibukken
  • 福岡の二世帯住宅:fukuoka-nisetaijutaku
  • 吹田市のリフォーム:suita-rehome

会社名をドメインにする場合は条件次第

会社名をドメインに使いたい方もいらっしゃると思います。
ただ、インターネットでは「問題解決をしたい人が検索する」ので会社名で検索するのは、取引先や新規で取引先を考えている業者です。
なので、ターゲットを考えてドメイン名を付けましょう。

それでも、会社名でブランディングしたい、周知したい、
まだ会社のホームページがない場合は、会社名のホームページを作るのもありです。

ドメインは、1,000円前後ぐらいで取得できるので「会社名ドメイン」「サービス名ドメイン」で公開するのもいいです。

今回、利用するエックスサーバーでは「マルチドメイン対応」と言って一つのサーバーに、複数のドメインを設定して運営することが可能です。
サーバーの容量に余裕があれば、無制限で運営できます。

サーバーにドメインを追加しても「追加料金は不要」です。

さて、上記で紹介したドメインの決め方はいかがだったでしょうか?

何か思いついたドメイン名があれば、⇒ムームードメイン で検索してみましょう。

初心者にオススメのドメイン取得サービス

初心者にオススメのドメイン取得サービスを紹介します。

初心者にオススメの理由は、

  • しつこい広告メルマガが少ない
  • 不安を煽るようなメールを送ってこない
  • 取得や設定がわかりやすい

という点を重視しています。

ムームードメイン

老舗のドメイン取得サービスです。

わかりやすくて、可愛らしいデザインが特長です。

大事なメール以外でしつこい広告メルマガが届くこともないので初心者にオススメです。

エックスサーバーのドメイン

エックスサーバーを借りる際に、ドメインが無償で取得できることがあるのでレンタルサーバーをエックスサーバーにする方はまとめて取得するのもオススメです。

但し、エックスサーバーを契約し続けることでドメインが無償になっていますので他のレンタルサーバーに移行する場合は、ドメイン代を支払うことになります。

レンタルサーバーの申し込み方法は、当ブログにも記載してますので参考にされてください。

取得する時は必ず自分。やめる時以外は、絶対にドメインを手放さない

ドメイン取得する際に、代理取得をするという「ホームページ制作会社」や「ブログ制作の代行業者」がいますがドメインだけは自分で取得するようにしてください。

ドメインは実印みたいなもの

昔から言ってるのですが、ドメインは「実印」と同じようなモノです。

  • ドメインさえあれば、ブログを削除(非表示)にすることはもちろん。
  • 中身をすべて入れ替えることが可能になります。

なので、ドメインだけは他の人に管理してもらったり、代行して取得してもらうことはやめておきましょう。

ドメインをあなたに返還する代わりに、高い料金を請求してくることもあります。

まとめ

独自ドメインでのブログ運営について

ブログは独自ドメインで運営しよう!そのメリットとは?

というテーマで書いてまいりましたが、いかがだったでしょうか?

ポイントまとめ
  • 独自ドメインのメリットは理解できましたか?
  • ドメインを決めるポイントはわかりましたか?
  • 肝心のドメインは決まりましたか?

ぜひ、参考にしていただければと思います。

あなたの《ブログ企画書が創れる!
ワーク講座を受講された方には特典として
初心者にわかりやすい動画講座!
『【無料】WordPressブログのはじめ方講座』も無料で受講できます。
▼▼▼▼▼▼▼

2 件のコメント

  1. 記事を読ませていただきました。
    ドメインの名前の付け方でドメイン訴訟が気になりました。
    ムームードメインでドメイン取得を考えていますが、取得可能でも訴訟問題が発生するのでしょうか?
    付けた名前が商品名かどうかわからないとしてもこのようなことは起こるのでしょうか。

    • 佐久良さん

      この度は、当ブログを参考にしていただきありがとうございます^^
      ゆたさんです。

      >ドメインの名前の付け方でドメイン訴訟が気になりました。
      >ムームードメインでドメイン取得を考えていますが、取得可能でも訴訟問題が発生するのでしょうか?
      取得可能は、あくまで取得可能なだけです。
      もし商標登録されている場合かつ企業がドメインを監視している場合は、すぐに訴訟される訳ではないかもしれませんが、通知は届くと思います。

      >付けた名前が商品名かどうかわからないとしてもこのようなことは起こるのでしょうか。
      自分が知らない、わからなくても、
      商標登録されているドメインであれば起こる可能性は高いでしょう。
      企業からすれば「自社の商標と同じドメイン名が取得されたという事実」だけなので関係ありません。

      まずは、取得しようとしているドメイン名で検索することです。
      ・海外・国内の商品やサービスと同じ名前ではないか
      ・そのドメイン名で類似商品やサービスを紹介しようとしていないか
      に注意してください。

      日本の企業はわかりませんが、
      海外企業は弁護士に依頼して監視しているところが多いようです。

      ちなみにドメイン訴訟は、
      National Arbitration Forum and ICANN
      https://www.adrforum.com/
      という、ドメイン名紛争の解決を仲裁してくれるフォーラム内にて
      双方の主張を提出し、解決してくれます。

      僕の場合は、
      英語での資料を作成し、相手方の弁護士とやりとりをして、
      判決日まで待ち、ドメインが強制譲渡されて終わりました。
      費用は、一切かかっていないです。

      以上。
      よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


\ネットの基盤はブログ/