Googleフォームで自動返信する3つの方法

3.細かい自動返信設定が可能なアドオン「Email Notifications for Google Forms」

今回ご紹介する中で一番自動返信メールを細かく設定できるアドオンです。

Email Notifications for Google Forms のメリット/デメリット

メリット
デメリット
  • 「送信者名」「件名」「本文」の設定が可能
  • 回答内容も送信できる
  • 回答内容も項目ごとに表示/非表示の設定をすることも可能
  • 通知先メールアドレス、送信元メールアドレス、返信を受け取るメールアドレスを設定可能
  • 設定画面は英語(ひとつひとつ確認すれば問題ないです)
  • FREEプランは1日20件までの送信制限がある

アドオンのインストール方法

自動返信を設定するGoogleフォームを開いた状態で

  1. 右上の《︙》をクリックする。
  2. 《アドオン》をクリックします。
右上の《︙》をクリックする。 《アドオン》をクリックします。
クリック、タップすると拡大します

アドオン「Google Workspace Marketplace」が表示されます。

  1. 検索窓に「Email Notifications for Google Forms」と入力します。
  2. 表示された「Email Notifications for Google Forms」をクリックします。
検索窓に「Email Notifications for Google Forms」と入力します。 表示された「Email Notifications for Google Forms」をクリック
クリック、タップすると拡大します

《インストール》をクリックします。

《インストール》をクリック
クリック、タップすると拡大します

インストールの準備画面が表示されます。《続行》をクリックします。

インストールの準備画面が表示されます。《続行》をクリック
クリック、タップすると拡大します

アカウントの選択画面が表示されたら《利用するGoogleアカウント》をクリックします。

アカウントの選択画面が表示されたら《利用するGoogleアカウント》をクリック
クリック、タップすると拡大します

「Email Notifications for Google Forms が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されるので《許可》をクリックします。

「Email Notifications for Google Forms が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示
クリック、タップすると拡大します
《許可》をクリック
クリック、タップすると拡大します

「Email Notifications for Google Forms をインストールしました。」と表示されたら《完了》をクリックします。

「Email Notifications for Google Forms をインストールしました。」と表示されたら《完了》をクリック
クリック、タップすると拡大します

右上の《×》をクリックして閉じます。

自動返信メールの設定方法

  1. 画面上部の《アドオンアイコン》をクリックします。
  2. 《Email Notifications for Forms》をクリックします。
《Email Notifications for Forms》をクリック
クリック、タップすると拡大します

《Create Email Notification》をクリックします。

《Create Email Notification》をクリック
クリック、タップすると拡大します

右下に「Email Notifications for Google Forms」の設定画面が表示されます。

右下に「Email Notifications for Google Forms」の設定画面が表示
クリック、タップすると拡大します
  1. Rule Name:任意でわかりやすい管理用の名前を付ける
  2. Email Address(es) to Notify:管理者用の通知先メールアドレス
  3. Sender’s Email:送信元メールアドレス
  4. Sender’s Name:送信者名
  5. Reply-to Address:回答者からの返信先メールアドレス(運営者のメールアドレス)

自動返信のみを利用する場合は、「Email Address(es) to Notify」は空欄のままで大丈夫です。

自動返信メールの「件名」「本文」を作成します

下の方にスクロールさせると「Use a visual editor」という項目の右にある《EDIT》をクリックします。

下の方にスクロールさせると「Use a visual editor」という項目の右にある《EDIT》をクリック
クリック、タップすると拡大します
  1. 「Email Subject」に「メール件名」を入力します。
  2. 「Email Message Body」に「メール本文」を入力します。
「Email Subject」に「メール件名」を入力します。 「Email Message Body」に「メール本文」を入力
クリック、タップすると拡大します

 右下にある《Add Form Field》をクリックすると、本文に含めたい項目を挿入することができます。

右下にある《Add Form Field》をクリックすると、本文に含めたい項目を挿入
クリック、タップすると拡大します
  • 「Answer to..」:自分が作成した項目が選択できます。
  • 「Generic」:あらかじめ用意されている項目。
「Answer to..」:自分が作成した項目が選択できます。 「Generic」:あらかじめ用意されている項目
クリック、タップすると拡大します

「Generic」で用意されている項目。

項目名説明
All Answers回答内容すべて
Response Date回答日時
Response Id回答者のID ※一般的なフォームでIDだけを利用することがほぼないです。
Response Number受付番号
Response Url回答を編集するためのURL
Form Nameフォームの名前
Form UrlフォームのURL
Full Response回答内容すべて

この記事では、以下のような返信メールの本文を作成しました。

※このメールは自動返信メールです。
{{お名前}} 様

お世話になっております。
この度は、アンケートへのご回答ありがとうございました。

以下の内容で受信致しました。
{{All Answers}}

以上。
ご回答ありがとうございました。
また、当サイトをご利用いただけますよう宜しくお願い致します。

右上のアイコンをクリックすると全文章を一気にコピーできます!↓

※このメールは自動返信メールです。
{{お名前}} 様

お世話になっております。
この度は、アンケートへのご回答ありがとうございました。

以下の内容で受信致しました。
{{All Answers}}

以上。
ご回答ありがとうございました。
また、当サイトをご利用いただけますよう宜しくお願い致します。

《Save》をクリックして保存します。

《Save》をクリックして保存
クリック、タップすると拡大します
  1. 少し下にスクロールして《Notify Form Submitter?》にチェックをします。
  2. 「Submitter Email Field」を《Submitter Email Address》を選択します。
少し下にスクロールして《Notify Form Submitter?》にチェックをします。 「Submitter Email Field」を《Submitter Email Address》を選択
クリック、タップすると拡大します

下までスクロールさせて《SAVE RULE》をクリックします。

下までスクロールさせて《SAVE RULE》をクリック
クリック、タップすると拡大します

自動返信メールの送信テスト

最後に正常に動作して、自動返信メールが届くのかをテストします。

フォームを開いて回答をすると、以下のようなメールが送信されます。設定した項目が反映されて回答や項目は表示されていることを確認して、自動返信メールの設定完了です。

設定した項目が反映されて回答や項目は表示されていることを確認して、自動返信メールの設定完了
クリック、タップすると拡大します
1 2 3 4 5 6

お役立ち感謝&教えてコメント

コメントする

すべてのコメントに回答をお約束するものではありません。礼儀がない⇒即スパムです。「回答者の方」でフォームに問題がある場合は、【フォームの管理者】に直接《お問い合わせ願います》。

CAPTCHA