Googleフォームの回答をスプレッドシートに集計する方法

Googleフォームでお問い合わせやアンケートの回答については、そのまま作成した各Googleフォームの「回答」タブで直接確認することが可能です。

しかし、さらにそれをGoogleスプレッドシートと連携して集計させることができます。
Googleスプレッドシートに回答を集計しておくことで、後で回答を編集したり、分析することが可能です。

当記事では、

Googleフォームの回答をスプレッドシートに集計する方法

をご紹介します。

フォームを開きます

Googleフォームからスプレッドシートと連携させたいフォームを開きます。
上部にある《回答》タブをクリックします。

上部にある《回答》タブをクリック

回答集計のスプレッドシートを作成します

フォームの回答画面を開いたら《スプレッドシートの作成》アイコンをクリックします。

《スプレッドシートの作成》アイコンをクリック

「回答先の選択」画面が開きます。「新規」または「既存」のスプレッドシートにするかを選択できます。

  • 新しいスプレッドシートを作成:スプレッドシート名はフォームの名前が入っています。
  • 既存のスプレッドシートを選択

チェックが入っている《新しいスプレッドシートを作成》のまま《作成》をクリックします。

チェックが入っている《新しいスプレッドシートを作成》のまま《作成》をクリック

フォームと連携された「回答集計のスプレッドシート」が作成されます。
一番左の列には「タイムスタンプ(回答日時)」が追加されます。

フォームと連携された「回答集計のスプレッドシート」が作成されます。

フォームに回答されると集計される

フォームに回答が送信されると、自動でスプレッドシートに回答が集計されていきます。

自動でスプレッドシートに回答が集計

連携させたスプレッドシートの取り扱いには、注意ポイントがあります。
次項で確認してください。

Googleスプレッドシートの連携後の注意ポイント

Googleフォームの回答集計に便利なスプレッドシートとの連携ですが、いくつか注意ポイントがあります。

Googleフォームに「設問を追加」⇒スプレッドシートにも設問が追加される

Googleフォームに新たに「設問を追加」すると、スプレッドシートにも設問が追加されます。

追加場所は、「スプレッドシートの最後の設問の後列」に追加されます。

Googleフォームに新たに設問を追加すると、スプレッドシートにも設問が追加されます。
スプレッドシートにも設問が追加されます。

Googleフォームの「設問を変更」⇒スプレッドシートの設問も変わる

Googleフォームの「設問を変更」した場合は、スプレッドシートの設問も変更されます。

Googleフォームの設問を変更
スプレッドシートの設問も変更が反映される

Googleフォームで設問の「回答を変更」⇒スプレッドシートには反映されません

Googleフォームにて設問の「回答を変更」しても、スプレッドシートの回答は変更されません。

選択できる回答の変更については「反映されません」。

Googleフォームにて設問の「回答を変更」
スプレッドシートの回答は変更されません

Googleフォームで設問の順番を変更⇒スプレッドシートには反映されません

Googleフォームにて設問の順番を変更しても、スプレッドシートの列の順番は変更されません。

スプレッドシートに設問を追加⇒Googleフォームには反映されない

Googleフォームとスプレッドシートを連携しているからといって、スプレッドシートに設問を追加してもGoogleフォームには反映されません。

Googleフォームとスプレッドシートを連携しているからといって、スプレッドシートに設問を追加してもGoogleフォームには反映されません。

フォーム⇒スプレッドシート、スプレッドシート⇒フォームで反映される・されないのまとめ

フォーム⇒スプレッドシート、スプレッドシート⇒フォームで反映される・されないのまとめ

まとめ

スプレッドシートとGoogleフォームを連携させておくことで集計が容易になり、分析などもしやすくなります。

Googleフォームの回答をスプレッドシートに集計する方法

を知っておくだけでも、かなりの効率化ができる。

さらに時間がかかる集計、分析までがスムーズになるので

Googleフォームを作ったら、一緒に回答集計のスプレッドシートを作成する!

ことを忘れないようにしましょう。