Googleフォームで文字数の上限、最低文字数の設定

Googleフォームには文章を入力するための「記述式」と「段落」という入力項目が準備されています。

今回は文字を入力する項目に「最大文字数」「最小文字数」などの設定を行う方法をご紹介したいと思います。

「最大文字数」「最小文字数」をどのように活用できるのかも最後にご紹介します。

それでは

Googleフォームで文字数の上限、最低文字数の設定

をご説明します。

文章を入力してもらう項目

「最大文字数」「最小文字数」を設定するには、「記述式」「段落」の質問項目を利用します。

「最大文字数」「最小文字数」を設定するには、「記述式」「段落」の質問項目を利用

記述式はどんな質問に使う?

簡単な文章や数字を記入してもらうことが多いです。

例)簡単な感想、金額や個数など

段落はどんな質問に使う?

1段落以上の長い文章を記入してもらうことが多いです。

例)感想や質問、お問い合わせ内容など

回答の検証を設定する

文章の入力に文字数制限を行うためには、まずは項目は「記述式」または「段落」を利用しましょう。

  1. 記述式の右下《︙》をクリックする。
  2. 《回答の検証》をクリックする。
記述式の右下《︙》をクリックする。 《回答の検証》をクリック

質問項目の中に「回答の検証」が表示されます。

「回答の検証」が表示

文字数の制限設定をする

表示されている「回答の検証」の《数値》をクリックします。

表示されている「回答の検証」の《数値》をクリック

《長さ》をクリックします。

《長さ》をクリック

最大文字数と最小文字を組み合わせて設定できません。どちらかのみとなります。

最大文字数を設定する

「長さ」を選択することで、「最大文字数」になります。

「数値」には、最大文字数に設定したい数値を入力します。

半角も1文字として計算します。

「数値」には、最大文字数に設定したい数値を入力

カスタムのエラーテキストを設定する

ここに「最大文字数」を超えた場合に、表示するエラーテキストを設定します。

「最大文字数」を超えた場合に、表示するエラーテキストを設定

プレビューで動作の確認をする

最大文字数以上を入力してみる。

カスタムのエラーテキストが表示されます。

カスタムのエラーテキストが表示

最小文字数を設定する

「最大文字数」をクリックして《最小文字数》を選択します。

「最大文字数」をクリックして《最小文字数》を選択

「数値」には、最小文字数に設定したい数値を入力します。

半角も1文字として計算します。

最小文字数に設定したい数値を入力

カスタムのエラーテキストを設定する

ここに「最小文字数」よりも小さい場合に、表示するエラーテキストを設定します。

「最小文字数」よりも小さい場合に、表示するエラーテキストを設定

プレビューで動作の確認をする

最小文字数より少ない文字を入力してみる。

カスタムのエラーテキストが表示されます。

カスタムのエラーテキストが表示

最大文字数/最小文字数の活用事例

最大文字数/最小文字数の制限の活用事例
  • 記述式の質問を3つ組み合わせて「5・7・5」のお題づくり(※ひらがなのみで入力してもらう必要がある)
  • 感想を150文字以上で入力してもらう
  • 「100文字以内でまとめる」というテスト問題
あなたの利用目的に合わせてどんな活用ができるか考えてみよう!

まとめ

文字が入力できる「記述式」「段落」に、「最大文字数」と「最小文字数」を組み合わせることで活用できる幅がさらに広がります。

Googleフォームで文字数の上限、最低文字数の設定

をご紹介しました。