Google Analytics(アクセス解析)

GoogleAnalyticsの言語を英語(US English)→日本語に変更する方法

英語→日本語、日本語→英語に言語変更

今回は、弊社の記事「Google Analyticsのnot provided(キーワード)の意味と対策方法!」を設定する際に、「Google Analyticsが英語表記なので、設定方法が違うみたいです。」とご報告をいただいたので、管理画面を「英語→日本語に変更する」手順をご紹介します。

今回は、すごく短い記事となります^^;

英語→日本語に変更する手順

  1. Google Analyticsの画面右上の《ギアマーク》をクリックします。
  2. 《User Settings》をクリックします。
Google Analyticsの英語画面
  1. 「Language」で《日本語》を選択します。
  2. ページ下の《Save User Settings》をクリックします。
Languageで日本語を選択

すると、画面が日本語に変わります。

日本語に変わります

日本語→US English(英語)に変更する手順

ちなみに逆の言語変更もご紹介します。

  1. Google Analyticsの画面右上の《ギアマーク》をクリックします。
  2. 《ユーザー設定》をクリックします。
日本語から英語に変更
  1. 「言語」で《US English》を選択します。
  2. ページ下の《ユーザー設定を保存》をクリックします。
言語をUS Englishに変更する

画面が英語に変わります。

画面が英語に変わります

まとめ

もし、GoogleAnalyticsの言語を変更することが必要な場合でも簡単にできます。

他のGoogleサービスでも、上記の手順で言語変更が可能なので試してみてください。

この記事が役に立ったら
▼いいね!しよう▼

Twitter で
ABOUT ME
吉田ユタカ
長崎県長崎市在住。「子育て」と「仕事」を両立させるために、オンラインで《Webコンサル》と《Web講座》たまに《Web制作》までしています。2006年8月から一人で仕事をしています。主に引きこもっての作業ばかりです。 Mac、効率化、ゲームが大好きです。今(180806up)は、Switchの「スプラトゥーン2」PS4版「フォートナイト」を楽しんでいます。残念ながら息子の方が上手いという腕前です。ゲーム配信もしようと思っています! ⇒ 詳しいプロフィールはコチラより
【無料講座】WordPressでブログ型ホームページの立ち上げ講座
講座は「専用の会員サイト」で学習

講座専用の会員サイト

無料講座受講までの流れ

  1. 以下のフォームを入力して《確認》ボタンをクリックしてください。
  2. 登録内容の確認画面が表示されたら《登録》の青いボタンをクリックしてください。
  3. すぐに自動返信メールが届き、メール内に「講座会員専用サイトへのログインURL・ID・パスワード」が記載されています。
  4. 会員専用サイトへログインして受講開始です。

特典については、5日目のメールにてダウンロード情報をお知らせさせて頂きます。

なお、本講座を受講いただいた方には別途不定期で、有料オンライン講座について等の情報を掲載したメールマガジンが配信されます。予めご了承ください。(登録解除はいつでも可能です。)

WordPressの立ち上げには、別途ドメイン代、レンタルサーバー代、テーマについて「無料」「有料」自由に選択されてください。

無料講座への登録フォーム

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA