Google Analytics(アクセス解析)

GoogleAnalyticsの言語を英語(US English)→日本語に変更する方法

英語→日本語、日本語→英語に言語変更
この記事のURLとタイトルをコピーする

今回は、弊社の記事「Google Analyticsのnot provided(キーワード)の意味と対策方法!」を設定する際に、「Google Analyticsが英語表記なので、設定方法が違うみたいです。」とご報告をいただいたので、管理画面を「英語→日本語に変更する」手順をご紹介します。

今回は、すごく短い記事となります^^;

英語→日本語に変更する手順

  1. Google Analyticsの画面右上の《ギアマーク》をクリックします。
  2. 《User Settings》をクリックします。
Google Analyticsの英語画面
  1. 「Language」で《日本語》を選択します。
  2. ページ下の《Save User Settings》をクリックします。
Languageで日本語を選択

すると、画面が日本語に変わります。

日本語に変わります

日本語→US English(英語)に変更する手順

ちなみに逆の言語変更もご紹介します。

  1. Google Analyticsの画面右上の《ギアマーク》をクリックします。
  2. 《ユーザー設定》をクリックします。
日本語から英語に変更
  1. 「言語」で《US English》を選択します。
  2. ページ下の《ユーザー設定を保存》をクリックします。
言語をUS Englishに変更する

画面が英語に変わります。

画面が英語に変わります

まとめ

もし、GoogleAnalyticsの言語を変更することが必要な場合でも簡単にできます。

他のGoogleサービスでも、上記の手順で言語変更が可能なので試してみてください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
ABOUT ME
ゆたさん
顔出しナシのブログでひっそりと集客・収益を上げる専門家。 メインは月間198,706PV。 引きこもりで孤独な作業をしているのでリア充とは縁遠いです。 趣味はゲームと読書、カメラ。 そして妻や子ども達と心地いい人生を過ごしています。 ⇒プロフィール詳細
【登録不要】WordPressブログの始め方講座
こちらの記事もいかがですか?
ホームページは目的と持つと活用できるようになる! ビジネスブログ

ホームページは、どんな目的で活用すべきなの?

2016年2月25日
ゆたさんの初心者が動画で学ぶオンライン講座ブログ
そもそもホームページには、どんな目的があるのか。それを知っておかなければ、ホームページを新規に作成したり、リニューアルした、ところで成果が伴わないことになります。 ホーム …
社内にWebデザイナーを雇う場合に失敗しないための大事な3ポイント ビジネスブログ

社内にWebデザイナーを雇う場合に失敗しないための大事な3ポイント

2017年10月6日
ゆたさんの初心者が動画で学ぶオンライン講座ブログ
経営者やWeb担当者として、社内にWebデザイナーがいればホームページ制作会社に外注して更新する必要もなくなり、経費削減し更新スピードが上が …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA