長崎の元ホームページ制作会社が教える《Webマーケティング》

長崎Webコンサルティング&ブログ型HP制作・運営

ホームページをリニューアルする際の3つの見直しポイント(内部)

約 6 分
ホームページをリニューアルする際の3つの見直しポイント(内部)

今あるホームページをリニューアルしたい!と思ったことないですか?

  • 「常々思っている!」という人もいれば
  • 「今、まさにリニューアルするために動いている!」という人。
  • すでに「この前、リニューアルしました!」という人もいるでしょう。

では「ホームページをリニューアルしたい!」という思いが出てくるのには、どのような理由があるのでしょう?僕が実際に相談されたリニューアル時の理由を一部ご紹介します。

  • パソコンに詳しい知人にホームページを作ってもらったが、自分たちで更新はできないし、更新の依頼も別に本業を持っているため、すぐに対応してもらえない。そして、今の主流であるスマホで見た時に、目も当てられないほど崩れている。
  • 地元のホームページ制作会社で50万円かけて作ったのだが、お問い合わせも思ったよりも少なく、月々15,000円払って毎月1ページ更新しているが、原稿作って渡して更新をしてもらっていてもアクセスにつながっていない。
  • 自社で更新できるシステムでホームページを作ってもらい、自社でも更新しているのですが、アクセスは増えないし、問い合わせや成果につながらず、このまま自社で更新し続けるよりも、ここで売上に繋がるためのリニューアルをしたい。
  • アクセスを増やすために、SEO対策(お客さまが検索エンジンに入力するキーワードで検索された際に、検索結果の上位に表示されるようにホームページを最適化すること)に月々5万円払っているが、更新指導だけなのでアクセスもそこまで増えていないため効果を感じられない。
  • 前回のホームページ制作から2年経過して、デザインが古くなったのでリニューアルしたい。
  • 現在のホームページ制作会社の対応が遅く、連絡しても折り返しがなく、改善の提案や目標達成に対して全く協力している感じがない。今後の自社のビジネス発展を考え、心機一転したいのでリニューアルしたい。

理由は、「不満」「不安」「成果がない」「アクセスが増えない」「経過年数」「現在の取引先との関係悪化」「明るい将来のため」とさまざまです。

もし、リニューアルしたいと思った場合は、今までの失敗を繰り返さないためにもどのようなポイントで見直せばいいのかを「外部要因」ではなく「内部要因(自社)」で考える3つの見直しポイントをご紹介します。

  1. そもそもホームページ(ネット)を使って達成したい目的は、何なのかを考える
  2. ツール(ホームページ、Facebook、Instagramなど)の公開を目的にしない
  3. ネットを活用できる情報発信の体制を作る

知っているよ!ということもあるかと思いますが、具体的に見ていきましょう。

そもそもホームページ(ネット)を使って達成したい目的は、何なのかを考える

目的については、口を酸っぱくして何度も伝えているのですが、そもそもホームページやネットを使って、成し遂げたい目的が何なのかを考えて欲しいと思います。

目的とは、長期的に目指すべきことです。タイトルとしては、ホームページやネットにしましたが、経営者であれば「ビジョン」や「ミッション」と言われた方が、ピンとくるのではないでしょうか。

ここで勘違いされる方が多いのですが、以下は目的ではなく、目的達成のために必要な目標です。

  • PV数(アクセス数)を上げたい
  • いいねを増やしたい
  • お問い合わせ件数を増やしたい
  • フォロワーを増やしたい
  • 売上を増やしたい

目的が一番上にあって、その下に複数の目標がぶら下がっているイメージです。

目的は、抽象度が高いものが多いですが、これを忘れているとネットで新しいサービスやツールが出ると手当たり次第試してしまい、目的を達成することから逸れた行動を取ってしまいます。

もし、ホームページを複数人で運営する場合は、必ず「目的」の共有をしてください。目的だけではなく、目標はもちろん、アクセスやお問い合わせ件数、売上、SNSでの反応(いいね数、コメント内容など)も共有してください。

ツール(ホームページ、Facebook、Instagramなど)の公開を目的にしない

ツールの公開を目的になっていることが、とても多いです。

  • ホームページ作りました → 更新ストップ
  • ホームページリニューアルしました → 更新ストップ
  • Facebookページが出来ました → 更新ストップ。または、毎日天気か食事の投稿ばかり。

こういう方は、最初から「どこどこのホームページみたいにかっこよくしたい」「こういう画像に効果を付けて欲しい」など、ホームページのデザインを重視する人が多いです。

中身は、どうでもいい(というより、今までと一緒でいい)から外見を綺麗に着飾って欲しいというんですよね。

外見を整えてから、中身を高めるというセルフブランディングや、カウンセリングがあるのはありますが、ホームページなどでは大体が外見を整えても、中身が伴わないことが多いです。

何故なら、「更新」という作業が大変だからです。人間性を高めるよりかは、簡単だと思うのですが・・・「更新」で手が止まる運用が多いです。

だからこそ、公開後の運用をしっかり考え、継続していけるようにサポートしています。

中々、一人では運用し続けるのは、本当に辛いですからね。

ネットを活用できる情報発信の体制を作る

複数で運用する、一人で運用するにしても情報発信の体制を作りましょう。

ホームページ&ブログ更新といっても具体的には以下のような作業が必要です。

  • ターゲット選定
  • ネタ収集
  • ネタの決定
  • タイトル作成
  • キーワード選定
  • 概要
  • 情報収集
  • コンテンツ作成
  • 写真や図・イラストの作成
  • 実際にWordPressへの記事書き→公開

これらを複数で担当してやるのか、それとも一人で全部を行うのか。また、これを一日で全てをするのは難しいので「どこに何分、何時間、何日」という割り振りを行ってから、更新体制を整えます。

  • ターゲット選定:10分
  • ネタ収集:30分
  • 情報収集:1日
  • コンテンツ作成:3〜5時間

と、このような感じです。

なので1日で記事を書き上げるというより、各工程を数日に渡って行うことで、3〜5日で1記事を更新できるようにする。
体制が整うのであれば、1〜3日で更新し続けられると結果に繋がりやすいです。

一人で更新する場合も、無理なく更新を続けられるように体制を考えましょう。特に一人で更新する場合は、本業に一番時間を使わなければいけないので無理なくできるように考えて下さい。

SNSについても、誰がどのようなタイミングで更新するのか(●●さんが、週に2〜3回更新など)。

SNSについては、ブログ更新の通知だけではなく、SNSのみで完結する内容も投稿するようにしてください。

まとめ

リニューアルする際の、内部での見直しポイントを3つご紹介しました。

  1. そもそもホームページ(ネット)を使って達成したい目的は、何なのかを考える
  2. ツール(ホームページ、Facebook、Instagramなど)の公開を目的にしない
  3. ネットを活用できる情報発信の体制を作る

実は、この3つのポイントを見直すと行動が変わるので、リニューアルせずとも成果が出せることもあります。しかし、これは本当に極僅かです。

出来る限りこれを元に、次は外部(Webコンサルタント、ホームページ制作会社など。印刷会社やパソコンに詳しい知り合い、税理士が紹介料を貰いたいがための紹介はナシ)に、相談をしてみてください。

そこで、より良いアドバイスや提案を貰ってから自社やあなたにあったパートナーを選択して下さい。

この記事が役に立ったら
▼いいね!しよう▼

Facebookコメント