長崎のホームページ制作

SEOの対策をする前に知っておくべきポイント《基本編》

2015年7月14日
852 views
約 4 分
SEOの対策をする前に知っておくべきポイント《基本編》

すでにご存知の方もおられると思いますが、
まずは、SEO(エスイーオー)について簡単にご説明をします。

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)の略です。
日本語に訳すると「検索エンジン最適化」と言われています。
ようするに「貴社のWebサイトの良さをGoogleなどの検索エンジンに理解してもらい、できるだけ検索結果の上位に表示してもらうための技術やサービス」のことです。

検索順位は、どのように決まっているのか

検索エンジンのGoogleが
200以上の配点ポイントがあり、サイトに点数をつけているイメージ。
例えば

評価項目 採点 配点
Titleタグ 5 5
Metaタグ 2 2
キーワード出現率 1 2
サイトマップの有無 1 1
ページ数 2 5
テキスト量 2 5
関連性の高いサイトからのリンク 6 10
合計 62 100

この「配点」が変わるのが「アルゴリズム変動」です。
大きな順位変動が起こる要因となります。

定期的に「アルゴリズム変動」が起こる

検索エンジンのアルゴリズムは、これまでに何度も変更されてきました。
その中でも大きな変更が「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」です。

これらは定期的にアップデートが行われていて、それぞれ変更内容が違うので
それを理解し、対策を行っていきましょう。

【パンダアップデート】2011年7月18日頃導入
サイトの内部要因に対してペナルティを発動。
低品質なコンテンツを検索結果から排除するもので、質が低いコンテンツが含まれているサイト全体が影響を受ける。

【ペンギンアップデート】2012年4月24日導入
サイトの外部要因に対してペナルティを発動。
低品質なリンクが多いサイト、意図的なリンク操作が箇条に行われているであろうサイトに対して順位ダウンを行う。

SEOでやってはいけないこと

SEOでは、マイナス要因になって、サイトの順位が下る、もしくは上がらなくなる可能性が出てしまう、やってはいけないことがあります。

【ペナルティ判定を受ける可能性が高いやってはいけないこと】

  • オリジナリティのないページの作成
  • サイト内、検索エンジン上の重複コンテンツ
  • キーワードの詰め込み
  • リンクの質、量(リンクを購入すること)
    → ツールによる低質なリンクのみの獲得
    → 状況に合わない質の高いリンクのみの獲得

SEOには大きく分けて2種類ある

「内部SEO」

Webサイトの構造だったり、ソースと呼ばれるHTMLなどに手を加えて、サイト自体の内容を検索エンジンに正しく伝えたり、検索エンジンがサイト内にあるコンテンツをスムーズにチェックできるようにします。
なので、ある程度自分で対策することが可能です。

「外部SEO」

他のWebサイトやブログ、SNSなどからリンクを増やす(「被リンク」とも言います)ことにより、検索エンジンでの上位表示を実現する施策です。
Googleなどの検索エンジンでは「他のWebサイトからより多くのリンクを貰っている(被リンクが多い)Webサイト」を価値があるサイトとみなし、検索エンジンで上位表示させようとします。
「多くのサイトからリンクされているWebサイト」=「ユーザーにとって価値あるサイト」であるという「人気投票」と同じ考え方と一緒です。

ただし、前項の「リンクの質、量」にある「ツールによる低質なリンクのみ獲得」「状況に合わない質の高いリンクのみの獲得」は絶対にやらないで下さい。

「内部SEO」「外部SEO」を行う前に「キーワード選定」が重要

この「キーワード選定」を正しく行うことができるかが、SEOの成功を決めます。
ただし、『キーワード選定が正解かどうかは、実際に結果を見るまではわかりません。』

正解かどうかを知るのに、一番早いのはそのキーワードで「リスティング広告」を出稿してみることです。
そして、結果を見て「内部SEO」「外部SEO」を実行します。

SEOは、「キーワード選定」→「テスト」を繰り返し行いながら、より良いSEOにしていくことが必要です。

まとめ

SEOは、Webサイトを正しく検索エンジンに理解してもらう技術です。
そして、検索順位は「アルゴリズムの変動」が定期的に行われるので順位が変動します。

SEOでは、やっていけないことは明確なので、これは絶対にやらないようにしましょう。
逆に成功させるためにも「キーワード選定」をしっかりと行いましょう。

最後に、SEOだけに固執せずWebマーケティング全体の中の一つの施策ということを理解しておきましょう。

>>こちらもお勧め
制作会社 VS 自社運営でこれだけ違う年間経費

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

(Last Update:2016年10月8日)

私が書いています

株式会社イーシークリエイトホームページ運営コンサルタント吉田 穣
これまで広告代理店のグラフィックデザイナー、個人としてWebプロデュース&デザイナー、ネットビジネスでの経験を活かして、経営者、自営業者、一人Web担当者の悩みに「元ホームページ制作会社が教えるホームページ&ブログ運営術」を日々アドバイスしています。

【得意なこと】
・ビジネス内容を聞いて、ネットでどのようなテストや展開ができるかを考えながら話します
・初速を付けること
・WordPressを使ったホームページを一気に起ち上げる
・相談相手の背中を押すこと(自己責任がない方は、押さないですw)
・WordPressの一人運営方法
・ビジネスターゲット(ペルソナ)の選定方法を教えます
・ペルソナに合わせた、キーワードの選定方法を教えます
・他社で制作されたドメインを取り戻す
(制作会社との契約上、取り戻せないこともあります)
・他社制作会社の管理下から、自社で契約したレンタルサーバーへ移行します
(制作会社との契約上、移行できないこともあります)
・Facebookの投稿で、何を投稿すればいいのかをアドバイスします
・アイデアだけは、使えないようなアホなアイデアから、使えそうなアイデアまで幅広く会話から出します
・ネガティブ要素を、ポジティブ要素に変換できないか。を考えることもあります
などなど
Follow :