長崎の元ホームページ制作会社が教える《Webマーケティング》

長崎Webコンサルティング&ブログ型HP制作・運営

Gmailなら送信取り消しができます!安心してくださいうっかり送信は、取り消せますよ!

約 2 分
【コンテンツ作成ポリシー】
「脱・動詞ブログ」「脱・過剰ブログ」
網羅しすぎて難しいことを難しいまま説明するのではなく
数を「3つ」に絞って誰もが行動に移せるほどシンプルで、
簡単な表現で「実践できる」を信条に書きます。
※操作記事は「3つ」に絞れないのでご了承ください。
吉田ユタカ(2017.9 up)
Gmailなら送信取り消しができます!安心してくださいうっかり送信は、取り消せますよ!

メールの送信ボタンをクリックした瞬間に凍りつくことってありませんか?!

  • メールの途中でうっかり送信
  • 添付ファイル付けたっけ?
  • そもそも宛先間違ってなかったか?!(汗)

Gmail(もちろんGoogle Apps for Work)を使っていれば「送信直後」であれば《送信取り消し》ができます!

すごいですね!
これで、うっかり送信しても大丈夫!(笑)

それでは、Gmailの送信取消についてご紹介します!

送信取り消しの設定確認

Gmail画面の右上「ギアマーク」→《設定》をクリックします。

Gmail送信取り消し設定

全般に「送信取り消し」という項目があります。チェックが入っているか確認しましょう。

Gmail送信取り消し設定

送信を取り消せる時間が指定できます。これは好みで指定してください。指定後は、ページ下部の《変更を保存》を忘れないようにしましょう。

  • 5秒
  • 10秒
  • 20秒
  • 30秒

Gmail送信取り消し時間は5秒、10秒、20秒、30秒

実際に送信取り消しをしてみましょう!

Gmail送信取り消しのテスト

送信をクリックすると、Gmail画面の上あたりに以下のようなメッセージが表示されます。

Gmail送信取り消し

《取消》をクリックしてみましょう。すると、送信されずにメールの編集画面に戻ります。

Gmail送信取り消しのまとめ

メールは間違って送信してしまうと、取り返しがつかないので、「送信直後限定」とはいえ、とっても便利な機能です。

ぜひ、Gmail(Google Apps for Work)を利用している方は設定を確認してみましょう。

これからのコミュニケーションツールは、送信しても「編集」「削除」ができるチャットワークがおすすめです^^

ChatWork(チャットワーク)への登録方法 ビジネスチャットで作業効率アップ!

この記事が役に立ったら
▼いいね!しよう▼

(最終更新:2017年7月28日)

Facebookコメント