長崎の元ホームページ制作会社が教える《Webマーケティング》

長崎Webコンサルティング&ブログ型HP制作・運営

チャットワークのビデオ通話&画面共有の使い方!交通費、出張費のコスト削減。効率アップ!

約 5 分
【コンテンツ作成ポリシー】
「脱・動詞ブログ」「脱・過剰ブログ」
網羅しすぎて難しいことを難しいまま説明するのではなく
数を「3つ」に絞って誰もが行動に移せるほどシンプルで、
簡単な表現で「実践できる」を信条に書きます。
※操作記事は「3つ」に絞れないのでご了承ください。
吉田ユタカ(2017.9 up)
チャットワークのビデオ通話&画面共有の使い方!交通費、出張費のコスト削減。効率アップ!
クリエ

チャットワークでビデオ通話ができるって聞いたんですけど、どうすればできるんですか?

よしだ

僕は、すべてチャットワークのみでクライアントと連絡を取り合っているので、今回は「ビデオ通話」と「画面共有」のやり方をお教えします。

ビデオ通話を使えば、遠方の方とも顔見ながら打合せや会議をすることが可能になります。そして、画面共有を使うことで「パソコン操作を教える」ことや「[資料を見せながらWebセミナー」なんてことも可能です。

では、今回はすでにコンタクトがつながっている状態から操作を紹介します。
ブラウザは、Google Chromeです。

ChatWork Liveを開始する

メッセージ入力欄の上にある《ビデオマーク》をクリックします。

メッセージ入力欄の上にある《ビデオマーク》をクリック

《ビデオ通話》をクリックします。

《ビデオ通話》をクリック

 

初めて利用する場合は「ChatWork Live の プラグイン」のインストール画面が表示されることがあります。その場合は、プラグインをインストールしてください。

また、ブラウザをInternet Explorer、Safariをご利用の場合は、以下のページを参考にプラグインをインストールしてください。

ChatWork Live のプラグインをインストールする(IE、Safari)

ChatWork Live を正常に使用できません

 

ブラウザに、「カメラとマイクを使用する」画面が表示された場合は《許可》をクリックしましょう。

「カメラとマイクを使用する」画面が表示された場合は《許可》をクリック

ChatWork Liveの画面が開きます。

ChatWork Liveの画面が開きます。

相手がChatWork Liveを開始する

相手のチャットワーク画面に、《ChatWork Liveを開始》ボタンが表示されます。

《ChatWork Liveを開始》ボタンが表示

相手がボタンをクリックして《ビデオ通話》をクリックします。

相手がボタンをクリックして《ビデオ通話》をクリック

すると、ChatWork Liveの画面が開き相手と繋がります。

ChatWork Live開始
すみません、ヒゲ面で…娘に好評なのでヒゲ伸ばしています^^

 

これで、ビデオ通話ができるようになりました。

画面共有をしてみよう

ChatWork Liveの画面右上にある《モニターマーク》をクリックします。

ChatWork Liveの画面右上にある《モニターマーク》をクリック

すると、画面共有する部分を選択する画面が表示されます。

  1. 共有する画面《画面全体》をクリックします
  2. 《共有》をクリックします

共有する画面を選択します

ChatWork Live画面の中央に「デスクトップ画面共有中」と表示されます。これで、画面共有がされています。

画面共有中

Keynoteなどの資料を全画面で表示させると、相手にも表示されます。このままWebセミナーやコンサルが可能にです。

keynoteを相手に見せる

お客様のホームページを開いて改善点などを指導することも可能です。逆にお客様が聞きたい部分を見せながらアドバイスをしてもらうことが可能です。

ホームページを見ながらアドバイス

もちろんチャットにメッセージを送りながら打合せすることも可能です。URLを送ったり、見てもらいたいファイルを送信することもできます。

もちろんチャットでメッセージを送信することも可能

画面共有の終了方法は、ChatWork Live画面の真ん中にある《画面共有を停止》をクリックします。これで、画面共有が停止されます。ビデオ会議はそのまま繋がっています。

共有画面を停止する

ビデオ会議の終了方法

ChatWork Live画面の右上《✕》をクリックします。これでビデオ会議が終了します。

ビデオ会議の終了

ビデオ通話と画面共有のまとめ

会社や自宅、遠方問わずに、顔を見ながら相手と話をしたり、パソコンの画面を見ながら効率的にコミュニケーションが可能ですね。

「ビデオ通話」が苦手な方は、「音声通話」を利用すれば大丈夫です。

離れた場所でも、時間だけ決めて相手とコミュニケーションが取れるのは、とても便利ですね。こればかりを使うのは、よくも悪くもありますが、打合せやミーティングに必要な交通費や出張費の削減も可能ですね。

  • 新しい企画のアイデア出しを話ししながらしたい場合
  • 定例ミーティングや、進捗状況や問題点の報告
  • 定期コンサルティング

このように「文字だけでは伝えにくいこと」を共有する場合に使うことをおすすめします。
画面共有については、声だけでは伝えづらい内容、資料を見ながら会話したい場合に使うと便利ですね。

  • ホームページのデザイン修正点について、画面を見ながら打合せ
  • 提案書や資料を見せながら、上司へ内容を相談
  • ホームページで気になった点をクライアントと話ししながら改善

画面を共有しながら話すことで、より円滑な情報共有が可能です。

この記事が役に立ったら
▼いいね!しよう▼

Facebookコメント